酒と音楽とスポーツをこよなく愛するLoweのブログ


by 1lowe
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「おっちゃん」に訊け

朝まで猛爆睡・・目が覚めたのは8:30.。
そんだけ身体が疲れていたということなのか・・。

雨ということもあって今日はのんびり過ごそう・・
と思ってましたけど、今週あまりに乗っていなかったのでローラー。
MTBメニューで1時間・・久々なんでむちゃくちゃしんどかった。。

午後から近所の公民館へ。
「最後の宮大工」といわれ、我が町の名誉町民である故西岡常一氏氏のドキュメンタリー映画を鑑賞する。

宮大工として子供のころから法隆寺に通い、法隆寺昭和大修理や、薬師寺の金堂再建の大仕事を果たした「匠」の棟梁。
職人気質で、時には学者らと論争を起こしたりしたという。
そこで付けられたあだ名が「法隆寺の鬼」だという。

うちの近所の法輪寺の三重塔も棟梁の仕事のひとつ。
昭和19年に火事で焼失した三重塔の再建にも携わった。
昭和50年4月に今の三重塔が完成し、その落慶法要にお稚児としてワタシも参加させていただいた。

当時お寺の境内は近所の子供達の格好の遊び場だった。
作業場から鉋屑を見つけ、
「うわ~、むちゃええ匂いする」とはしゃいでいると、おっちゃんが
「そやろ、それに醤油付けてご飯にかけて食ったらうまいど」
とニコニコしながら言ってきた。
それが西岡棟梁だった。
「鬼」と言われていたけれど、ワタシにとっては「気のええおっちゃん」だった。

その棟梁の仕事ぶりを描いたドキュメンタリー映画。
宮大工として、棟梁として「仕事とは何か」を考えさせてくれる
90分と言う時間があっという間に感じるすばらしい作品だった。

商業映画ではないので上映は限られているようですが・・
機会があればぜひごらんください。
鬼に訊け

c0118948_21383559.jpg

[PR]
by 1lowe | 2012-01-21 21:38 | ひとりごと